日給のバイトなどのいいところ

日給の定義と日給制について

日給とは、1日の労働あたりに発生する給与のことです。我々がよく耳にするのは「時給」ですが、企業によっては、日給制を取り入れているところも存在します。日給制とは、1日を単位として給与金額を定め、労働した日数によって給料を与える制度のことをいいます。日給制度の給与は、「日、週、月」のいずれかの区切りで支給されます。労働者からすると、労働した日数によって給料が与えられるので、欠勤したり、遅刻、早退が発生した場合でも、月給額に影響の出ない「月給制」に比べて賃金が不安定となります。

このようなことを言われると、多くの人が勘違いをすることがあります。現時点でも、勘違いをしている人が多く存在します。例えば、午前10時から午後4時まで、休憩なしで日給6000円の仕事をするとします。しかし実際に仕事を終えたのは、午後6時でした。この場合、多くの人は、日給制だから給与は6000円だと考えると思います。しかし、実際にはそうではありません。この場合、契約時間を超えた2時間分の給料をプラスして貰えることになります。日給を契約時間で割った時給の2時間分を貰えるということです。

労働者は、日給制の理解も深めて、仕事を選び、労働できればいいと思います。

求人を今から知ろう。

Copyright (C)2017日給のバイトなどのいいところ.All rights reserved.