日給のバイトなどのいいところ

日給と月給の違いとは

私の会社の給料体制は社員さん本人に日給と月給を選んでもらっています。その理由は、建築関係の仕事であり社員の方々は作業員または職人という仕事がら前職等でも日給でいただいていた方が多くみえます。だから、月給と言われても何日働いたから計算が違うといって何度か会議を開きましたし社員本人さんとも何度か話し合いをしてきました。しかし改善されなかった為、入社時に選択してもらう形をとりました。

私が思う、決定的な違いは日給は働いた分に対してのお給料なので休みが多い月、または暦上少ない月はお給料が少ない、逆に、休まなかった月、または暦上多い月はお給料が少ない、月給は平日の日にちに関係なく定額が支払われる、ただし、有給が設定される前は欠勤分はマイナスされるという事だと思います。ですが、何年か経理の仕事についている私が計算してみると欠勤をほぼしなかった場合、一年のトータルをみてみるとそんなにお給料に差はないと思うので、一年にもらう分を均等にもらうか毎月ごとにもらうかの違いではないのかなと思います。ただし、ボーナスや退職金は基本給で計算してみえる会社が多いと思うのでその場合どういった計算になるのかなとは思います。私、個人の意見としては安定していたほうがいいとは思います。
Copyright (C)2017日給のバイトなどのいいところ.All rights reserved.